結婚式は一生に一度の大事な日だからこそしっかり

いくつかの特徴

神前式の結婚式の特徴

最近では、キリスト教式の結婚式が多数派になっていますが、とても日本らしい神前式の結婚式も広く行われています。まず、神前式の結婚式は、2種類に大別されます。一つは、ホテルなどの式場内に神前式結婚式場がある場合、もう一つは、披露宴会場の外の神社とタイアップしておこなう場合がありますが、若干、後者のほうが価格は高めになることが多いようです。 神前式結婚式は、もちろん、新郎新婦とも和服を着ることになります。新婦は白無垢を着ることが多いですが、色打掛を着ることもあります。新郎は、主に黒紋付を着用します。これらは衣装屋や式場で貸し出してくれます。列席者は洋服でも和服でも構いませんが、男性の列席者は主に洋服が多く、女性の場合は、親族なら黒留袖を着る場合も多いですが、とくにこだわりません。 式場では、神主が祝詞を述べて、その後、三々九度の固めの盃を新郎新婦でかわします。もちろん、しっかりその時酒を飲む必要はありませんから、飲めない人でも問題ありません。

厳かな神前式

神前式は、神社での結婚式のことを言います。白無垢や三々九度のイメージを持つ人が多いです。芸能人が神前式を選ぶことが増えたりして、近年では神前式が増えてきています。 神前式をするのに、4つのパターンがあります。 神社と提携しているホテルでの挙式、神社と提携しているレストランや会館を通して挙式を申し込む、結婚プロデュース会社・個人を通して依頼する、自分たちで直接神社に申し込む、の4つです。 挙式以外にどのような形で、披露宴・パーティを考えているのかによって、神前式の申し込み方が変わってきます。 挙式までに時間がある場合は、何カ所か見学するのがおすすめです。休日に多くの挙式が行われる神社もあれば、少ない神社もあり、様々です。控室や撮影スポットなど見学して比較するといいです。